猫2匹と坊の育児、の巻。


by haruuraranman
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

収納上手

はるのお気に入りの籠と、はるちゃんのサイズが・・・
と、気にしてくださっている皆様。

私もそろそろ限界を感じている今日この頃でございます。

はるにもそう諭してはいるのですが、
それでも、やっぱりどうしても!この中で寝たいそうで。(昼寝限定。)


このように、猫のまるくなる特性を存分に活かして籠の中に納まって寝ています。
b0176256_0112278.jpg




まだ寝てません。
b0176256_0115661.jpg




ところがそのうち、やっぱり、はみ出てくる。
b0176256_012317.jpg


(どんなに狭くても魚は絶対入れておきたいらしい。しかしスペースの関係上、直立・・・)


そのうち、はみ出るもん、全部上に。
b0176256_0125564.jpg


空間の有効活用ってやつですね。

近藤典子先生もびっくりですね!














ところで、街角で出会い頭にぶつかりそうになった人を避けようとすると

左に行ったら左に。(相手的には右に。)
右に行ったら右に。(相手的には左に。)

と、お互い同じ方向に避けてしまって、イラッとすることありませんか?

私はしょっちゅうあります!


何故、人間の歴史もそう浅くはないのに、こういうときの暗黙のルールができていないのか、
いつも疑問に思います。

「生活の知恵」的に、先祖代々伝わっていてもいいんじゃないかと。

もしくは、
エレベーターは、先を急ぐ人のために左側(大阪では。)をあけておく。というように、
地域のしきたり、慣習になっていてもいいんじゃないかと。


個人的には、日本は左側通行が基本ですから、それぞれが左側に避ければいい!と思います。

ですから、私は迷わず左側に避けます。なのに、また相手が右側に避けて来て

結局、
「あ、あっ」

とかなったら

「欧米か!!!」と心の中で死語的ツッコミを入れてしまいます。

エヘッ!(๑→ v ←๑)


私とぶつかりそうになる方、お気をつけあそばせ。






にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by haruuraranman | 2009-11-11 00:39