猫2匹と坊の育児、の巻。


by haruuraranman
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

5月13日とうとう

・・・・つづき。




いきんだら、いらんものまで出てきそうなんですけど??

と、躊躇していたら
「便秘で硬いの出すときみたいにいきんで!」と言われる。

いいんですか?いいのね??


思い切りいきむ。


何度も来る波に合わせていきむ!
「くーーーーーっっっ!!」と声が出る。

「声は出さないで。目を開けておへそを見ながらいきんでー!」と言われる。

旦那が頭元で「がんばれ!!」と声をかけては汗を拭いてくれる。


何度も何度もいきむが出てこない。
「赤ちゃん降りてきてるからね。」とは言われるものの、頭はまだ上の方らしい。

よく聞く話では、いきんでいいと言われたらものの十分ほどで産まれるらしいんやけどなあ・・・
早い人では2~3回のいきみで産まれるらしいのになあ・・・
と、ぼんやり思う。


「スタミナ不足でいい陣痛が来ても長く続かないんやねえ。昼ごはん、無理にでも食べてもらえば良かったなあ。」
と、助産師さんの後悔を聞く。


ひとまず水を飲まされる。



と、そこへ医師が登場。


「出すよー。はい、吸引用意してー。ちょっと切るよ。麻酔の注射チクッとするからねー。」

会陰切開される。麻酔してもらっても感覚は分かった。

医師「はい、水飲んで。」
私 「さっき飲みましたー!」
   もう、とりあえず早く出して!という気持ち。おちおち水なんか飲んでいられるかい。

医師「飲んで。」引かない。

仕方なく一口だけ飲む。

「自分の力で出すんやでー。次の波来たらいくで。」


その後すぐ来た波のピークでいきむ!!と同時に助産師さんが私のお腹を上から圧迫!!
医師が何やら機械を使って吸引!!

下の感覚はよく覚えてないけど、グリグリ内診で覚悟したスイカを鼻から出すような痛みは感じなかった。はず。

助産師「頭出てきたよー。見て!」
旦那「ほら!出てきたで!見て!」

見て見て言われるけど、掛けられた包布で見えん・・・

まだお股に残ってる感覚があるのでいきんで出そうとすると、

医師「もう力いれへんで。ハッハッハッや。」

そういや、そんな呼吸法習ったような・・・ハッハッハッハッ・・・


つるん


まさにそんな感じで 16時49分 3048g 長男誕生。
元気な産声。医師が持ち上げて見せてくれる。

「よう出てきてくれたなあ。」と頭を撫でる。



「よう頑張ったな!!良かったな!!良かったな!!」と、笑顔いっぱいの旦那。
なんか、実感が湧かなかったけど、終わったんやあ・・・という安堵感。

「ありがとうございました。皆さんのおかげですー。」と言ったら涙が出てきた。


「胎盤が出てくるからねー。」と言われ、思っていたより早くにこれまた
つるんと胎盤排出。


「ご主人、へその緒切りますか?」と聞かれ、歩み寄る旦那。

出産前には、「立ち会ってもそれだけは嫌や。」と言っていた彼。

「大丈夫?」と聞くと「うん。」と言って笑ってる。


無事に父親の手で胎盤から切り離され、一人の人として、倉本悠伸 誕生しました。



「おなかすいたー!」安心した途端、出た言葉がこれ。


カンガルーケアより先に、食事を摂らせてもらいました。(^^;






予定日より早く産まれてくれたのも、骨盤の狭い私が出産できるギリギリの大きさで出てきてくれたのかなー
なかなか進まなかったお産も、父親を待ってくれてたのかなー


と、思います。(^^)


本当に想像以上に大変でしたが、生命を誕生させるという貴重で素晴らしい経験をさせてもらえたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからは、誕生してくれた尊い生命を育むことに尽力致します!!!







長文・乱文、最後まで読んでいただきありがとうございましたー。
[PR]
by haruuraranman | 2011-05-21 21:42